英EU離脱担当相:清算金問題、数週間内に一定の明確さ示す

  • デービス氏、17日のBBCインタビューでEUに譲歩求める
  • EU首脳からは英国にいっそうの譲歩と保証求める声相次ぐ

英国のデービス欧州連合(EU)離脱担当相は、離脱時の清算金について一定の明確さを「今後数週間」で打ち出すと述べた。英国は交渉打開を模索し、EUの要求に対応しようとしている。

  デービス離脱担当相は16日ベルリンでの講演後、交渉前進に向け英国は清算金の提示を増額する意思があるのか、英国の提示額とEUの要求額の差は埋まりつつあるのかとドイツ企業幹部中心の聴衆に問われ、「その回答にはもう数週間待って欲しい」と答えた。

英国のデービスEU離脱担当相

Photographer: Matthew Lloyd/Bloomberg

  17日にはBBCとのインタビューで、EUが妥協するべき時だと主張。EU加盟国のうち数カ国は交渉前進に熱心だが、フランスとドイツの見解がEUの対応を決定すると述べた。ここまでは英国が「積極的に」動いてきたと語った。

  これに対し、EU加盟国首脳からは英国にいっそうの譲歩と保証を求める声が相次いでいる。アイルランドのバラッカー首相はスウェーデンのイエーテボリで開かれるEU首脳会議の前に記者団に対し、「いっそうの譲歩を新年まで待たなければならないなら、それでも構わない」とコメント。ユンケル欧州委員長も同じ会合前に「12月の首脳会議で離脱に関して合意に達することができるよう望んでいるが、まだ必要な作業が残っている」と述べた。

原題:Davis Signals Clarity on Brexit Bill in A Few More Weeks (1),We’ll Wait for U.K. Brexit Concessions, EU Leaders Tell May (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE