コンテンツにスキップする

米バーンズ&ノーブル:サンデルからの株式非公開化の提案を拒否

  • アクティビストからの提案を「誠意ある本物」と考えていないと表明
  • サンデルの保有株は約100万株にすぎないとも指摘

米書籍販売のバーンズ・アンド・ノーブルは、株式非公開化を求めるアクティビスト(物言う投資家)のサンデル・アセット・マネジメントの提案について、「誠意ある本物」の提案とは考えていないと表明した。

  バーンズ&ノーブルは声明でサンデルから提案があったことを確認した上で、同社が保有するバーンズ&ノーブルの普通株は約100万株にすぎないと指摘した。

  バーンズ&ノーブル株は一時19%高と、2013年5月以来の日中上昇率を記録後、売買が一時停止された。終値は前日比7.6%高の7.10ドル。

  事情に詳しい関係者によると、サンデルはバーンズ&ノーブルに、債務を含む同社の企業価値を約7億5000万ドル(約840億円)と評価する株式非公開化計画について説明する書簡を送付した。サンデルの担当者はコメントを控えた。

原題:Barnes & Noble Rebuffs Buyout Approach From Activist Sandell(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE