ゴールドマンCEO:英EU離脱、再度の国民投票望む企業幹部多い

  • ブランクファイン氏、EU離脱に関しこの1カ月で3度目のツイート
  • 「今も離脱支持がコンセンサスなのか、確認してもよいのでは」

ゴールドマン・サックス・グループのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)は、欧州連合(EU)を離脱する英国の決定について、多くの企業幹部が再度の国民投票実施を望んでいるとツイッターに投稿した。

  ブランクファインCEOは他社のCEOに言及しつつ、「歴史的かつ不可逆的な決定を確認する投票を多くが希望している」とツイート。「極めて重大な問題が関わっている。今も離脱支持がコンセンサスなのか、確認してもよいのではないか」と続けた。

  ブランクファイン氏が英国のEU離脱についてツイートするのはこの1カ月で3回目で、離脱を巡る不透明性に企業の不安が膨らんでいることを示唆している。再度の国民投票を求める声は同氏だけでなく、2010年から15年まで保守党と連立を組んでいた自由民主党や、元首相のメージャー、ブレア、ブラウンの各氏もその可能性を訴えている。

ブランクファイン氏のツイート

Twitter

原題:Blankfein Tweets Many CEOs Want to See Second Brexit Referendum(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE