コンテンツにスキップする

物言う投資家ペルツ氏がP&Gに予想外の勝利-第3者機関の再集計で

  • IVSによる再集計の暫定結果はペルツ氏のP&G取締役選出を示す
  • 発表を受けP&Gの株価は時間外取引で一時4%上昇

米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の取締役就任を目指すアクティビスト(物言う投資家)のネルソン・ペルツ氏が15日、同社とのプロキシーファイト(委任状争奪戦)で予想外の勝利を収めた。

  ペルツ氏率いるトライアン・ファンド・マネジメントはこの日、再集計を実施した第3者機関IVSアソシエーツによる正式な暫定結果では、P&G株主がペルツ氏を取締役に選出したことが示されたと発表資料で指摘。P&Gの発表によると、再集計はペルツ氏がセディジョ元メキシコ大統領に約4万2780株(約0.0016%)の差で勝ったことを示した。

  トライアンは「P&Gが第3者機関の集計を受け入れ、年次総会の結果への異議申し立てにさらなる時間と株主のお金を無駄にしないよう強く促す」と表明した。

  P&Gは第3者機関が数週間以内に正式な最終結果を公表すると指摘し、この問題はまだ決着していないとしている。

  再集計の公表を受けP&Gの株価は時間外取引で一時4%上昇。P&Gが先月公表した暫定の投票結果は、ペルツ氏が1%未満の僅差で取締役選出を逃したことを示していた。

原題:Peltz Scores Surprise Victory for P&G Board Seat After Recount(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE