コンテンツにスキップする

クレディSヘッジファンド投資部門を閉鎖-チームの大半退職と関係者

  • 共同責任者のパワーズ氏とマニスカルコ氏が大多数のメンバーと退職
  • クレディSによる閉鎖決定は資金調達の困難と関係していると関係者
Credit Suisse

Credit Suisse

Photographer: Michele Limina/Bloomberg
Credit Suisse
Photographer: Michele Limina/Bloomberg

スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループは、ヘッジファンド運営会社に投資する目的で設立したアンタイル・キャピタル・パートナーズを閉鎖する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、スタンフォード大学の寄付基金責任者だったジョン・パワーズ氏とプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社ブラックストーン・グループの元マネジングディレクター、アンソニー・マニスカルコ氏がアンタイルを共同で統括していたが、チームの大多数のメンバーと共に退職する。

  アンタイルは10-12社の資産運用会社に投資するファンド向けに最大20億ドルを集めるため投資家を募っていたと複数の関係者が昨年明らかにした。関係者によると、クレディ・スイスの閉鎖の決定は、資金調達の困難と関係している。

  同行の広報担当者は、コメントを控えている。パワーズ氏とマニスカルコ氏にもコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:Credit Suisse Is Said to Shutter Hedge Fund Stakes Unit Anteil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE