コンテンツにスキップする

世界最大級のピンクダイヤ、オークションで落札されず-ジュネーブ

  • サザビーズ競売では予想価格1000万ドル超の他の2ロットも売れ残る
  • オークション市場は投資家心理の前兆を示すともいわれる
The 37.30 carat Raj Pink, the world's largest know fancy intense pink diamond (est. $20-30 million)

The 37.30 carat Raj Pink, the world's largest know fancy intense pink diamond (est. $20-30 million)

Photographer: Tristan Fewings/Getty Images Europe
The 37.30 carat Raj Pink, the world's largest know fancy intense pink diamond (est. $20-30 million)
Photographer: Tristan Fewings/Getty Images Europe

ファンシーインテンス(上質で濃い)ピンクダイヤモンドとしては最大とされる宝石が15日、ジュネーブで開かれたサザビーズのオークションで落札に至らなかった。宝石市場の心理が神経質な状態となっていることが背景にある。

  指輪にセットされた37カラットの「ラージ・ピンク」と呼ばれるダイヤは2015年に南アフリカ共和国で発見された。サザビーズの予想価格は最高3000万ドル(約33億8400万円)だった。このオークションでは、予想価格最高1800万ドルのビビッドブルーダイヤと同1400万ドルのイエローダイヤ2個なども売れ残った。

  一方、クリスティーズは14日夜のオークションで、163カラットのフローレス(無傷)のダイヤを3400万ドルで売却したが、一部のオブザーバーはこの価格について割安との見方を示した。出品した宝石のうち4分の1は落札されなかった。

  オークション市場は投資家心理の前兆を示すとされることがある。世界の株式市場は15日下落し、欧州と日本では株式指数がここ1年で最長の下げを記録した。ヘッジファンド運用者のデービッド・アインホーン氏は同日、約10年前に世界金融危機のきっかけとなった諸問題は依然として解決していないとの見方を示した。

原題:Sotheby’s Fails to Sell 37-Carat Diamond Amid Auction Jitters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE