コンテンツにスキップする

「反トランプ」掲げる新しいホテル、米ワシントンで来春オープンへ

ホテル「イートン・ワークショップ」は、米国の首都ワシントンで2018年晩春にオープンする。このホテルに入るとまず目にすることになるのは、ビンテージスタイルのテレビ画面に映し出されるAJ・シュナック氏のビデオアート作品だ。

  この作品は12年と16年の米大統領選挙のモンタージュ映像を一日中放映するという内容だが、その中心にあるのが「米国はどうして現在の状況になってしまったのか」という辛辣(しんらつ)な問いかけだ。

  トランプ大統領のお膝元のワシントンで、イートンは「民主党員の避難所」というはっきりとした旗を掲げており、政治的動機に基づいて建設される世界初のホテルとなる。イートンの創業者であるキャサリン・ロー氏は、香港に本拠を置くホテルグループ、ランガム・ホスピタリティー・グループの会長の娘で、高級ホテルや世界レベルのサービスに関する知識は豊富だ。

relates to 「反トランプ」掲げる新しいホテル、米ワシントンで来春オープンへ

イートンのフロント

ソース:Gachot Studios

  イートンのワシントンのホテルは客室209室でナショナル・モールの北に位置し、同ブランドの旗艦ホテルとなる。2軒目のホテルは香港で18年にオープンし、サンフランシスコとシアトルでは19年にも新しいホテルが建設される予定だ。

relates to 「反トランプ」掲げる新しいホテル、米ワシントンで来春オープンへ

イートンのロビー

ソース:Gachot Studios

  ワシントンのホテルで計画されているプログラムの一つに、リベラル的な主張が中心となる一種の「TEDカンファレンス」のような講演イベントがある。ロー氏はこれらのイベントが無料で一般公開され、イートン・ブランドのポッドキャストとして配信可能になることを期待している。

relates to 「反トランプ」掲げる新しいホテル、米ワシントンで来春オープンへ

イートンの図書館

ソース:Gachot Studios

  ロー氏は多様性とそれを受け入れる文化を育てる方針について繰り返して語りながらも、ブルームバーグに対し「右派と左派を一つにまとめることを目標としているわけではない」と話す。ロー氏のホテルは、近くにあるトランプ・ホテルと対極的な場所となることで、現政権が掲げる課題でのけ者にされている感じているであろう人々に知的な活動の場を提供することを目指している。

  ワシントンのホテル市場に党派対立が持ち込まれることになるが、それがロー氏の利益にとってプラスとなるかマイナスとなるかは今のところ不明だ。ただ、トランプ・ホテルを参考とするなら、ロー氏は大成功を収める可能性がある。 ワシントン・ポスト紙によると、トランプ・ホテルは1-4月に210万ドルの損失を予想していたにもかかわらず、実際には197万ドル(約2億2300万円)の利益を上げた。

原題:Coming Soon to Washington: A New Anti-Trump Hotel for Liberals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE