コンテンツにスキップする

中国の米国債保有、9月減少でも1年ぶり高水準付近-米財務省

更新日時
  • 日本の保有残高は前月比57億ドル減の1.1兆ドルで外国勢2位
  • 外国勢の米国債保有残高は9月に過去最高を記録

中国の9月の米国債保有残高は減少したものの、1年ぶりの高水準付近を維持した。中国は外貨準備を再び増やしている。

  米財務省が15日発表した対米証券投資動向によると、中国の米国債保有残高は197億ドル減り1兆1800億ドル(約133兆円)。減少は8カ月ぶり。中国は外国勢の米国債保有で依然として日本を上回り首位。日本の保有残高は8月に比べ57億ドル減り1兆1000億ドル。

  中国の米国債保有が減少する中、人民元は9月に対ドルで約0.8%下落したため、同国は自国通貨高抑制の一環として米国債を購入する必要性は低下した。バンク・オブ・アメリカのストラテジスト、キャロル・チャン氏はドルの安定が続いた場合、中国による米国債購入は向こう数カ月は減少する可能性があると予想した。

Less Buying Pressue

  外国勢の米国債保有残高は9月に537億ドル増加し6兆3200億ドルと過去最高を記録。そのうち中国と日本が3分の1余りを占めた。
  
  先週の発表によれば、中国の外貨準備は10月に9カ月連続で増え3兆1100億ドルに達した。規制強化の中で同国からの資本流出は緩和され、通貨の安定につながっている。

原題:China’s U.S. Treasuries Holdings Dip, Remain Near Year-High (1)(抜粋)

(ストラテジストのコメントや外国勢の保有残高を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE