コンテンツにスキップする

ベネズエラ、約3550億円相当の債務再編へ-ロシアが合意書に署名

  • 債務返済期間を10年間に延長、最初6年間の支払いは「最小限」
  • ロシアはベネズエラ融資で今年の予算に9億ドルの穴

ロシアはベネズエラに融資した31億5000万ドル(約3550億円)について、再編に応じる合意書に署名した。危機に見舞われ債務返済に苦しむ同盟国に、ロシアが救いの手を差し伸べた格好だ。

  ベネズエラは1400億ドルに上る債券や対外債務の再編というはるかに複雑な作業に直面しているものの、ロシアとの合意で多少なりとも余裕を得た。ベネズエラに対しては中国がプレゼンスを低下させる一方で、昔ながらの同盟国で地政学的な野心を持つロシアは支援の姿勢を維持している。同国が期限内に債務を返済できていないことで、ロシアの2017年予算にはすでに約9億ドルの穴があいている。

  ロシア財務省の発表文によると、今回の合意で融資返済期間は10年に延長され、最初の6年間の支払いは「最小限」とすることになった。ただ、合意に国営ベネズエラ石油 (PDVSA)がロシア国営石油会社ロスネフチに負う債務は含まれていない。

原題:Russia, Venezuela Sign Deal on $3.15 Billion Restructuring (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE