コンテンツにスキップする

米クローガー株など下落、アマゾンがホールフーズでの値下げ発表

  • ホールフーズは食料品やホリデーシーズン向け品目で新たに値下げ
  • クローガーは一時3.5%安、スプラウツは3%下落

アマゾン・ドット・コムが高級食料品販売チェーン、ホールフーズ・マーケットでの値下げを発表し、スーパーマーケット業界に動揺が広がった。アマゾンはホールフーズ事業において価格設定を重要戦略に位置づけている。

  15日の米株式市場で、スーパーマーケットチェーンの米クローガーとスプラウツ・ファーマーズ・マーケットが下落。アマゾンはこの日、食料品とホリデーシーズン向けの品目で新たな値下げを発表した。感謝祭の祝日が近づいていることから、抗生物質不使用の七面鳥も一段と安くなる。

  ホールフーズはまた、アマゾンの有料会員サービス「プライム」のプラットフォーム採用とともに今後一段と積極的な値下げを実施することも示唆した。

  クローガー株は一時3.5%安の21.25ドルで、日中の下落率としてはここ1カ月で最大。スプラウツは一時3%下落し19.98ドル。

原題:Whole Foods Price Cuts Send Shares of Kroger and Sprouts Sliding(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE