サッカー・ワールドカップ(W杯)予選で60年ぶりにイタリアが敗退したことで、同国の経済的損失は約10億ユーロ(約1330億円)に上る可能性がある。イタリア・サッカー協会の元会長、フランコ・カラロ氏が予想した。

  同氏は来年のサッカーW杯ロシア大会出場をイタリアが逃した影響について、「広告料やテレビ放映権、関連イベントの物品販売を逃しただけではない」とインタビューで指摘。「旅行会社のロシア行きパッケージ旅行の売り上げはもちろん、大会期間中の賭け業者やバー、飲食店の業績回復も逃すことになる」と付け加えた。

  イタリアは13日に行われた欧州予選プレーオフのスウェーデンとの第2戦を0-0で引き分け、1958年以降で初めてW杯出場を逃した。カラロ氏は予選敗退したことで国内に広がる落胆が短期的に消費者心理に重しになりかねないほか、イタリア経済に長期の影響を及ぼすとも話した。

原題:Italy Damage in Soccer World Cup Miss Seen About 1 Billion Euros(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE