コンテンツにスキップする

「億万長者通り」で超高級物件転売の夢破れる-損失確定の取引続出

  • ペントハウス売却価格が3600万ドル-14年の購入価格より29%安い
  • 差し押さえ競売でも「市場実勢の範囲内」-ジョナサン・ミラー社長
The One57 skyscraper in the Midtown Manhattan.

The One57 skyscraper in the Midtown Manhattan.

Photographer: Machado Noa/LightRocket via Getty Images
The One57 skyscraper in the Midtown Manhattan.
Photographer: Machado Noa/LightRocket via Getty Images

マンハッタンの超高級マンションタワー「ワン57」の79階1フロアを占めるペントハウスが差し押さえ競売で、2014年の購入価格を29%下回る価格で落札された。一時は際限なきぜいたくの象徴ともされた同タワーで、転売が利益を生まないパターンがまたもや繰り返された。

  6240平方フィート(約580平方メートル)のこのペントハウスは先週、3600万ドル(約41億円)で売られた。競売に参加した5人(貸し手を除く)の提示価格では最も高値だったが、ナイジェリアの実業家コラウォレ・アカンニ・アルコ氏が14年に購入した際の5090万ドルを下回った。

  ニューヨークの鑑定士ミラー・サミュエルがまとめたデータによると、ワン57での転売が損失につながるのは15年以降4回目。その中でも今回の値引き率は最大で、差し押さえ物件で想定される水準さえも上回った。不動産関連サイト、ストリートイージーのシニアエコノミスト、グラント・ロング氏が指摘した。 

  同氏は「超高級物件で手っ取り早く利益を上げられると思う人にとって、今回の転売は多くの疑問を生じさせることになるだろう。どれほど迅速に利益を上げられるのかという疑問が湧く」と述べた。

  09年に着工したワン57の超高級住宅は投資の格好の対象となり、販売が6カ月で10億ドルに達した。その成功は不動産開発業者を大いに刺激し、ウェスト57丁目は超高級マンションが並ぶ「億万長者通り」になった。今でも、ワン57が14年に取引完了した1億50万ドルの住宅販売はニューヨークで過去最高記録だ。

  だが、状況は変わった。高級マンションが増えるにつれ、金持ちは値下げを見込んで買い控えるようになった。ストリートイージーによれば、ワン57の65階のマンションは今年4月に2250万ドルで売られ、14年の購入価格を23%下回った。また、62階の物件を14年に3170万ドルで購入したオーナーはその6カ月後に3890万ドルで転売しようとしたが、昨年に結局2350万ドルで売却し、損失を出した。今回の競売は1500万ドルから始まり、最低10万ドルずつ引き上げられた。3000万ドルを超えても、大半の競売参加者は粘ったという。

  ミラー・サミュエルのジョナサン・ミラー社長は差し押さえ物件の競売でも、「物件を巡って複数が競い合ったなら、そこで決まる価値は信頼できるベンチマークだ」とし、「市場実勢の範囲内の取引に位置付けられる」と話した。

原題:One57 Foreclosure Shatters Price Dreams at Billionaires’ Tower(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE