ライアン米下院議長は14日、議員とスタッフは必須のセクハラ研修を受けることになるだろうと述べた。これに先立ち、女性議員2人がこの日の議会委員会で、男性議員のセクハラ行為はしばしば見過ごされることがあると訴えていた。

  米ビジネス界と政界でセクハラ問題が最優先課題として浮上していることも背景にある。ライアン議長は自らのオフィスが下院管理委員会や倫理委、議事運営委と共に新たな政策策定に取り組むつもりだと述べた。

  ジャッキー・スパイアー議員(民主、カリフォルニア州)はこの日の下院委員会で、現役男性議員2人のセクハラ行為について証言。複数のスタッフが「いい子になるよう」言われたほか、男性議員が女性スタッフに露出行為をしたという。また女性スタッフが下院本会議場で体を触られたケースもあったとした。

  同じ下院委で証言したバーバラ・コムストック議員(共和、バージニア州)は、ある男性議員の元女性スタッフから聞いた話として、議員の自宅で露出行為をされ、その後退職したと語った。

原題:Ryan Plans Sex Harassment Training at Capitol After Complaints(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE