アップルは、2019年の「iPhone(アイフォーン)」向けに背面3次元センサーに取り組んでいる。計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。アイフォーンを先進的な拡張現実(AR)端末にすることを目指す中で新たな一歩となる。

  アップルは、「アイフォーンX(テン)」前面の「トゥルーデプス」センサーシステムで現在使われている技術とは異なった技術の評価を進めている。計画している背面センサーでは、対象物に光を照射しその反射速度で距離を測定するTo方式が採用される。

  関係者によると、同社は新しいシステムのサプライヤー候補と協議を始めている。ToFセンサーを製造する企業には、インフィニオンテクノロジーズソニーSTマイクロエレクトロニクスパナソニックなどがある。

  匿名を条件に語った関係者によれば、この技術のテストはまだ初期段階にあり、アイフォーンの最終バージョンでは採用されない可能性もある。アップルの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Apple Is Said to Target Rear-Facing 3-D Sensor for 2019 IPhone(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE