英国が実際に欧州連合(EU)を離脱した際にEUが英車両認証プログラムの自動的な受け入れを停止すれば、英国で生産する自動車メーカーは「半壊滅的」な生産の中断に耐えざるを得なくなる恐れがある。複数のメーカー幹部が14日、英議会に訴えた。

  ホンダで欧州の政府渉外担当マネジャーを務めるパトリック・キーティング氏は英議会のビジネス・エネルギー・産業戦略委員会で、EU域内で自動車販売を継続するためには、英国のEU離脱条件に英国産自動車の型式認証に関する合意を盛り込む必要があると語った。

  キーティング氏によると、EU規制当局は英車両型式認可機関VCAからの認証について「もはや効力を持たないか、延長できない」との姿勢を示している。ホンダは英国産自動車に関する欧州での法的根拠をあらためて検討する必要があるかもしれないという。

  英自動車工業会(SMMT)のマイク・ホーズ最高経営責任者(CEO)によれば、自動車メーカーはEU域内の1カ所で認証を一括して取得することができるが、ある国で型式認証が受け入れられない場合、メーカーは別の場所で申請手続きを進めなければならず、この事務手続きが完了するまで工場の閉鎖を強いられる可能性がある。

  ホンダやトヨタ自動車、ドイツのBMWなど英国に工場を置くメーカーは、EU離脱後に車両と部品の貿易障壁が最小限とどまるよう英当局に働き掛けている。英国のゲイドンを拠点とする高級車メーカー、アストンマーティン・ラゴンダのマーク・ウィルソン最高財務責任者(CFO)は同委員会で、VCAの型式認証がなければ半壊滅的な生産停止になる可能性があり、「われわれにとって本当に相当厳しい事態だ」と語った。同社は英国でのみ生産を行っている。

原題:Honda, Aston Martin Outline ‘Stark’ Brexit Car-Certificate Limbo(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE