14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが2カ月で最大の下げ。一方でユーロは上昇し、一時10月26日以降で初めて1.18ドルを超えた。ユーロは早い段階から上昇していたが、米国債市場でイールドカーブのフラット化が進む中で、上げを拡大した。

  ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%低下。ユーロは主要通貨全てに対して値上がりし、対ドルでは10月下旬の欧州中央銀行(ECB)政策委員会以降の下げをほぼ埋めた。対ドルでは5営業日続伸と、9月以降で最長の連続高。

  ニューヨーク時間午後4時半現在、主要通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%低下。ユーロは対ドルで1.1%上げて1ユーロ=1.1792ドル。ドルは対円で0.2%安の1ドル=113円45銭。

  株価の下落や米生産者物価指数が予想を上回ったことを手掛かりに、米イールドカーブはフラット化した。15日には米消費者物価指数(CPI)が発表される。

  ドルは主要10通貨の大半に対して値下がりしたが、カナダ・ドルとニュージーランド・ドル、ノルウェー・クローネ、スウェーデン・クローナに対しては上昇した。

  欧州中央銀行(ECB)が主催した主要中銀当局者の討論会では、金融政策に関する新たな見解はほとんど得られなかった。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長とECBのドラギ総裁、イングランド銀行のカーニー総裁、日本銀行の黒田東彦総裁は、フォワードガイダンスが今や完全に本格的な金融政策手段の一つになったとの認識を示した。

欧州時間の取引

  ユーロは欧州時間から上昇。ドイツの7-9月(第3四半期)国内総生産が市場予想を上回り、経済の堅調さが示されたことが好感された。

  ドルは欧州時間では対円で上昇し、一時113円91銭を付けた。

原題:Euro Nearly Erases Post-ECB Drop While USD Tumbles: Inside G-10(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE