英国の欧州連合(EU)離脱に備えバンク・オブ・アメリカ(BofA)がまとめた計画では、まず約200人のセールス・トレーディング人員をパリとフランクフルトに移す方針だ。 トム・モンタグ最高執行責任者(COO)が述べた。

  同氏は14日にニューヨークで開かれた会議で、英国が2019年に正式に離脱する前に人員を配置しておく必要があると述べた。政治的な見通しが不確実なため、計画変更を余儀なくされる場合もあると付け加えた。

  離脱後の「初日から十分な体制でありたい」とした上で、 「何が起こるか分からないが、今はこういう計画で、これでよいと感じている」と語った。

原題:BofA Plans to Move About 200 Trading Staff to Paris, Frankfurt(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE