シカゴ連銀のエバンス総裁は14日、中央銀行によるコミュニケーションは実際にはかなりシンプルだが、米国の大統領選挙での討論ほど単純ではないと述べた。

  欧州中央銀行(ECB)がフランクフルトで開催している会議に参加した同総裁は、政策当局がどのようにして政策の受け手とつながるのかについて説明。その中で、「米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の読解レベルの言語研究を行った者がいる。大学院の初年度程度だそうで、個人的には信じ難い。それほど複雑には思われないが、われわれの大統領候補のディべートのような8年生の水準ではない」と語った。米国の8年生は日本の中学2年に相当する。

  エバンス総裁はFOMC声明は複雑になり得るが、コミュニケーションが十分な手助けをしているとの認識を示した。

原題:Fed Statements Not as Simple as Presidential Debates, Evans Says(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE