米ロクの株価、3営業日で2倍強に高騰-CEOは一躍ビリオネアに

  • ウッドCEOの個人資産は10億7000万ドルに急増
  • IPO後初の四半期決算での増収やユーザー増加を市場は好感

アントニー・ウッド氏

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

シリコンバレーのターボチャージ基準でみてもアントニー・ウッド氏の個人資産は13日までの3営業日で華々しい急増を見せた。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、ビデオストリーミング用機器・ソフト開発の米ロクの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるウッド氏は、8日の7-9月(第3四半期)決算発表以降、個人資産が6億5200万ドル(約741億円)増加し10億7000万ドルに上った。

  新規株式公開(IPO)後での四半期決算発表で、売上高やアクティブユーザーの大幅増加が示されたことから、ロクの株価はそれ以来2倍強に上昇。13日もブラックフライデーに向けてストリーミングスティックの全国的値引きを発表したことから株高は続き、前週末比28%高の42.71ドルで終了した。

  ロクの広報担当者はウッド氏の資産に関してコメントを控えた。

原題:Roku CEO Becomes Billionaire as Shares Double in Three Days (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE