コンテンツにスキップする

ヘッジファンドのブリッジウォーター:金ETFの持ち分増やす

  • SPDRゴールドの持ち分はほぼ7倍、iシェアーズは3倍に
  • ヘッジファンドによる7-9月のSPDRへの投資額は約764億円

資産家でヘッジファンド運用者のレイ・ダリオ氏は7-9月(第3四半期)に金投資を推奨しただけではなかった。自身も大量の金を購入していた。

  今月13日の規制当局への届け出によれば、ダリオ氏が率いる世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツは9月末時点で「SPDRゴールド・シェアーズ」の持ち分をほぼ7倍に、「iシェアーズ・ゴールド・トラスト」は3倍余りに、それぞれ増やした。

  金連動型上場投資信託(ETF)としては最大のSPDRゴールドへのヘッジファンドなど投資家による投資額は7-9月に計6億7200万ドル(約764億円)、iシェアーズ・ゴールドへは7億6400万ドルとなっている。投資拡大などにより金価格は9月に1年ぶりの高値を付けた。米国と北朝鮮との緊張が高まったほか、メキシコで約100年ぶりの強い地震が発生し、米テキサス州とフロリダ州が大型ハリケーンに見舞われる中、金の購入が増加した。

リスク要因

  ダリオ氏は8月に投資家に対し、政治的・経済的リスクを理由に資産の5-10%を金に配分するよう検討することを推奨していた。13日の規制当局への届け出によると、ブリッジウォーターは7-9月にSPDRゴールドの持ち分を332万口買い増し、389万口とした。iシェアーズ・ゴールドの持ち分は820万口増やし1130万口とした。

原題:Dalio’s Bridgewater Boosts Gold Holdings in SPDR, iShares (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE