カルパース:債券投資配分、最大44%に引き上げ検討-現在の2倍以上

米国最大の年金基金、カリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)は債券への投資配分を2倍以上に増やすことを検討している。株式の強気相場が9年に近づく中、リスクとボラティリティーを抑えることが狙い。

  カルパースは債券の割合について、現在の19%から最大44%まで引き上げることを検討している。13日のプレゼンテーション資料で明らかになった。株式は現在の50%から最小で34%まで引き下げる可能性がある。2017年度には株式のリターンが20%に近く、資産クラスの中で最高だった。

  米州職員退職年金基金(NASRA)のキース・ブレイナード調査ディレクターは電話インタビューで、「相場はこれまでかなり上昇してきたので、カルパースのスタッフは利益の一部を確定するべき時だと考えたのかもしれない」と語った。

  カルパースの運用資産は11月8日時点で3436億ドル(約39兆円)と、職員などからの拠出金と資産値上がり分を合わせて年初から13%増えている。

原題:Calpers Considers More Than Doubling Bond Allocation to 44%(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE