コンテンツにスキップする

ビットコインのショートポジションが急減-下げ圧力弱まる兆候

  • 13日のショートは9300ビットコイン前後、7日のほぼ3分の1
  • アジア時間の取引でビットコインは2.7%下落

仮想通貨ビットコインの下落を見込んでいた投資家らがショートポジション縮小を開始した。ビットコインの将来を巡る懸念から過去1週間ほどの間に時価総額で約380億ドル(約4兆3100億円)が失われたが、売り圧力は弱まりそうだ。

  世界第2の仮想通貨取引所、ビットフィネックスでのショートポジションは13日、9300ビットコイン前後となった。同取引所のデータを追跡調査するBFXデータ・ドット・コムが推計した。ビットコインの技術的アップグレードが中止される前の7日のショートポジションは2万8000ビットコインだった。

  現在のポジションは分裂を巡り緊張が高まる直前の7月以降で最小。ビットコインのロングポジションは13日、2万3000ビットコインとなり1週間前の1万8000ビットコインから増加。13日アジア時間の取引でビットコインは2.7%下落した。

原題:Bitcoin Shorts Retreat in Sign Selling Pressure Could Be Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE