コンテンツにスキップする

「マイティ・ソー」2週連続首位、「オリエント急行」3位-北米映画

  • 2位は2015年の「パパVS新しいパパ」の続編
  • 共に初登場の2位と3位は予想を上回る興行収入となった

週末の北米映画興行収入ランキングで、マーベルコミックのスーパーヒーローが活躍する「マイティ・ソー」最新作が2週連続で首位となった。

  調査会社コムスコアが電子メールで12日配布した資料によれば、ウォルト・ディズニーの「マイティ・ソー バトルロイヤル」の興行収入は推計5660万ドル(約64億3000万円)。

  2位はパラマウント・ピクチャーズの「ダディーズ・ホーム2」(原題)。2015年の「パパVS新しいパパ」の続編となる同作品は3000万ドルを稼いだ。

  3位は「オリエント急行殺人事件」で2820万ドル。21世紀フォックスの映画部門がアガサ・クリスティ原作のミステリー映画をリメイクした。いずれも初登場の2位と3位は興行収入が共に予想を上回った。

Top 10 Films
All Films Year To Date
Top 10 Film Grosses

原題:‘Thor’ Outdraws New Films ‘Daddy’s Home,’ ‘Orient Express’ (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE