コンテンツにスキップする

HSBC会長、米クレジットカード事業買収を株主と協議-タイムズ紙

  • 米シンクロニー・ファイナンシャル買収検討の可能性があると関係者
  • 北米地域はグループ収入の約14%を占め、地域別で3番目に大きい
1493614708_hsbc
Bloomberg
1493614708_hsbc
Bloomberg

英銀HSBCホールディングスのマーク・タッカー会長が、就任後最初の1カ月で株主らと会い、米国のクレジットカード事業買収について協議したと12日付の英日曜紙サンデー・タイムズが報じた。

  同紙が匿名の関係者からの情報を引用したところでは、世界の主要銀行がここ数年業務縮小に動く状況を踏まえて、投資家らは計画に慎重だという。HSBCが米コネティカット州に拠点を置くリテールバンキングのシンクロニー・ファイナンシャルの買収を検討する可能性があるとシティー(ロンドンの金融街)の関係者は推測している。

  HSBCのロンドン在勤の広報担当者は、コメントを控えている。北米地域はHSBCのグループ収入の約14%を占め、地域別で3番目に大きい。ダグラス・フリント氏の後任として10月に会長に就任したタッカー氏(59)は、事業拡大でいかに利益押し上げが可能かについて楽観的だとタイムズ紙は伝えている。

原題:HSBC Chairman Tucker Is Eyeing U.S. Takeovers, Sunday Times Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE