ベトナムのダナンで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)閣僚会合は11日、保護主義に対抗し、世界貿易機関(WTO)を積極的に受け入れる姿勢を示す声明を発表して閉幕した。トランプ米大統領は前日、WTOについて米国の経済的利益を損なっていると批判していた。

  閣僚声明には「保護主義への対抗にあらためてコミット」するとの文言が盛り込まれた。多国間の通商協定の重要性を強調し、トランプ大統領の保護主義的な姿勢によって米国が世界貿易で孤立するリスクを示した。

  トランプ大統領は10日、APECでの演説で「われわれはWTOから公正に扱われていない」と述べた。閣僚声明はこれに対し、「ルールに基づき、自由で開かれ、公正で透明性のある予見可能かつ包摂的な国際貿易の確保におけるWTOの取り組みを認識する」とし、「WTOの機能改善のために協力」すると表明した。

原題:APEC Ministers Vow to Fight Protectionism as Trump Slams WTO(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE