コンテンツにスキップする

オッティング氏OCC長官人事、承認プロセス前進-共和党が動議提出

米上院共和党指導部は、通貨監督庁(OCC)長官に指名されたジョゼフ・オッティング氏の本会議での承認に向けたプロセスを前進させた。同氏はムニューシン財務長官がかつて会長を務めたワンウエスト銀行で最高経営責任者(CEO)を務めていた。

  共和党のマコネル上院院内総務は、9月に銀行委員会で承認されたオッティング氏の人事についての審議開始と、最終的な承認のための本会議採決に向けた動議を提出した。同氏がOCC長官に就任すれば、金融危機後に導入された金融規制の見直しで重要な役割を果たすことになる。トランプ政権や共和党は一連の規制が経済成長を抑制しているとして批判している。

原題:Senate Clears Way for Ex-Mnuchin Deputy to Lead Bank Regulator(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE