コンテンツにスキップする

欧州委:英景気は減速へ、通商関係変わらずでも-投資鈍化響く

  • EUを離脱する2019年の成長率予想は1.1%、09年以来の低い伸びに
  • 今年は1.5%、来年は1.3%-EU内で2番目に低い成長率と予想

英国経済は、欧州連合(EU)を離脱する2019年に通商関係が全く変わらない場合でも、09年以降で最も低い伸びとなる見通しだ。

  EUの行政執行機関である欧州委員会が9日発表した最新の経済見通しによれば、今年の英経済成長率は1.5%、18年は1.3%、19年は1.1%になる。この3年のそれぞれでEU加盟国の中では2番目に低く、英国として金融危機以降で最低の成長率にとどまると見込まれた。 向こう2年の投資鈍化が響くとしている。

Leaders and Laggards

原題:U.K. Growth to Slump Even If Brexit Changes Nothing, EU Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE