仮想通貨ビットコインは9日に下落。8000ドルに向けた快進撃にブレーキがかかった。分裂が回避されたことで逆に失望した投資家もいるもようだ。

  ビットコインは8日、ビットコインコミュニティーの1グループがいわゆる「ハードフォーク」の計画を取りやめ、再分裂を回避したとのニュースに反応して数分で急上昇、7882ドルに達し最高値を更新した。しかしすぐに上げを失い、欧州時間9日午前は分裂回避が伝えられる前に比べ約3%安となっている。

  投機的な投資家の中にはハードフォークによってコインが追加生成されることに期待していた向きもあり、中止に失望した。分裂は混乱を招く可能性もあるものの、保有者にとっては無料で追加コインが手に入る機会になる。

  8月のハードフォークで誕生したビットコインキャッシュは現在600ドル前後、10月に生まれたビットコインゴールドは140ドル程度で取引されている。

  仮想通貨取引所ゲートコインのマーケティング責任者、トマス・グラックスマン氏は、分裂回避により「無料でコインが手に入らなくなったことへの失望」が値下がりした理由だろうと話した。

原題:Bitcoin’s Spike Toward $8,000 Fades as Free-Money Trades Unwind(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE