コンテンツにスキップする

トランプ氏:米の対中貿易赤字拡大許したのは歴代大統領

更新日時
  • 米大統領は習近平国家主席と共にビジネスイベントに参加
  • 席上、総額28兆円超の両国投資取引も発表された

トランプ米大統領は9日、北京でのビジネスイベントで、中国は不公正な貿易慣行によって米国の労働者と企業から利益を得ているが、米国の巨額な対中貿易赤字の拡大を許したのは歴代米大統領の責任であって、中国を責めるつもりはないと述べた。

1509921583_Trump map jbn graphic
relates to トランプ氏:米の対中貿易赤字拡大許したのは歴代大統領

トランプ米大統領と習近平中国国家主席(9日、北京で)

写真家:Qilai Shen / Bloomberg

  このイベントでは総額2500億ドル(約28兆4000億円)規模の投資取引も発表された。トランプ大統領はこれより先、中国の習近平国家主席との関係について、「相性が素晴らしく良い」と語っていた。

  トランプ氏は中国との貿易関係について、「とても公平なものではなかった。年間の対中貿易赤字が巨額に上るのは皆が知っている。誰もが理解できる範囲を超えた数字だ」と表明。「われわれがより公平な条件を実現できれば、米国と中国は一段と豊かな未来を享受することになる」と述べた。

  トランプ大統領が貿易の不均衡で中国を責めないと発言した際、習主席は隣でうなずいた。習氏はエネルギーや農産物、映画の米国からの輸入を大幅に拡大することに前向きだと表明。米金融機関が「一帯一路」構想に投資するのを歓迎するとも指摘した。

原題:Trump Hits China for Unfair Trade But Blames Past U.S. Leaders(抜粋)

(第3段落以降を追加し更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE