コンテンツにスキップする

株は売り時、ポートフォリオ全て売却-世界3位の再保険会社

訂正済み
  • 独ハノーバー再保険、7-9月に2.2億ユーロの売却益計上
  • 保険金支払いに充当、株価急落に備えた引当金は不要に
HANNOVER REINSURANCE
Photographer: CHRISTIAN BEHRENS
HANNOVER REINSURANCE
Photographer: CHRISTIAN BEHRENS

株は売り時だと、世界3位の再保険会社、ドイツのハノーバー再保険は判断した。

  ハノーバー再保険は8日、ハリケーンや地震などの保険金支払いに充てるため、約9億5300万ユーロ(約1260億円)に上る株式ポートフォリオを全て売却したと明らかにした。

  ローラント・フォーゲル最高財務責任者(CFO)は電話記者会見で、「上場企業株式のポートフォリオに生じていた含み益を確定すべき時だった」と述べた。世界の株式は8年以上にわたって上昇を続け、今年の年初からはドイツDAX指数が17%高、米S&P500種指数が16%高となっている。

  ハノーバー再保険は2015年8月と16年1月に株式を大幅に買い増してポートフォリオを構築。今回の売却で、7-9月(第3四半期)に2億2330万ユーロの利益を計上した。これにより株式相場の急落に備えた引当金を積む必要がなくなり、その分の資金は最近のハリケーンや地震で打撃を被った事業の成長に回すと、フォーゲルCFOは話した。

原題:This $15 Billion Reinsurer Decided to Get Out of Stocks Entirely(抜粋)

(第2段落の換算額,を訂正します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE