コンテンツにスキップする

ダリオ氏がCIOを擁護-女性にブリッジウォーターが示談金とWSJ

  • WSJが伝えた行動パターンを私は容認しなかっただろうとダリオ氏
  • 同社は自社の指針や手続きを評価する外部の弁護士を昨年起用

世界最大のヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者で資産家のレイ・ダリオ氏は、女性社員との個人的な関係が取り沙汰されたグレッグ・ジェンセン共同最高投資責任者(CIO)について、「モラルの高い人物だ」と擁護した。

  ジェンセン氏と関係のあった女性に対し、ブリッジウォーターが示談金として100万ドル(現在の為替レートで約1億1400万円)余りを支払ったと米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が7日報じた。

  ダリオ氏は7日の発表資料で、「WSJが不正確に伝えた行動パターンを私は容認しなかっただろう」とコメント。ブリッジウォーターはこれとは別に顧客宛てのレターで、「和解で決着したケースは少数あるが、創業以来司法判断を示された例はない」と説明。同社は自社の指針や手続きの独立した評価を目的として、ウィルマーヘイル法律事務所のジェイミー・ゴアリック弁護士を起用したと昨年明らかにしていた。

原題:Dalio Defends Co-CIO Jensen Over Report of Work Relationship (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE