コンテンツにスキップする

中国:10月の乗用車販売、6カ月連続増-現地向けモデル伸びる

  • 10月の販売台数は小売りベースで前年同月比2.7%増の230万台
  • ホンダは14%増-「アヴァンシア」や「UR-V」など新モデル寄与

中国の10月の乗用車販売は6カ月連続の増加となった。ゼネラル・モーターズ(GM)やホンダの中国市場向けモデルの販売が増えた。

  全国乗用車市場情報連合会(乗連会)が8日発表したところによると、乗用車とスポーツタイプ多目的車(SUV)、多目的自動車(MPV)を合わせた10月の販売台数(小売りベース)は前年同月比2.7%増の230万台。1-10月累計では1890万台と前年同期比1.4%増えた。

  GMの10月の中国販売は前年同月比10.7%増の38万2723台。「宝駿」と「キャデラック」ブランドの伸びが目立った。ホンダは同14%増の13万2807台。SUVの「アヴァンシア」や「UR-V」などの新モデルが寄与した。

原題:China October Auto Sales Rise 2.7% on New Models in Local Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE