コンテンツにスキップする

中国HNAの筆頭株主、前ドイツ副首相を会長に指名へ-関係者

  • 慈善団体ハイナン・ツーハンはレスラー氏を会長に指名する見通し
  • HNAグループは欧州とドイツに投資、ドイツ銀行の筆頭株主

中国の複合企業、海航集団(HNAグループ)の筆頭株主であるハイナン・ツーハン・チャリティー・ファウンデーションは、ドイツ副首相を務めた経歴のあるフィリップ・レスラー氏を会長に指名する見通しだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。HNAはドイツ銀行などに投資している。

Philipp Roesler

フィリップ・レスラー氏

写真家:Michele Tantussi / Bloomberg

  レスラー氏は世界経済フォーラム(WEF)の政府渉外責任者を退任し、ニューヨークを拠点にする慈善団体のハイナン・ツーハンの会長に数週間以内に就任すると、発表前だとして匿名を条件に関係者が述べた。HNAの担当者はコメントを控えた。

  ハイナン・ツーハンはHNAの株式29.5%を保有する筆頭株主。中国と米当局からの監視の目にさらされ、7月に株主構成を明らかにした。関係者によれば、レスラー氏の招聘(しょうへい)は欧州、とりわけドイツへの長期的投資家としてのコミットメントを示すものだという。HNAはドイツ銀の筆頭株主。

原題:HNA’s Top Owner Is Said to Name Ex-German Minister as Chief (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE