コンテンツにスキップする

ドイツ銀、米レバレッジドローンに注力-成長回復へ再びリスク意欲

  • 米国のコーポレートファイナンス事業で記録的ペースの採用
  • レバレッジドファイナンスで上位返り咲きを目指す

ドイツ銀行のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は成長回復に向け、米企業の借り入れ意欲に期待している。

  同行は今年、米国のコーポレートファイナンス事業でマネジングディレクターとディレクターを合わせて24人加えた。記録的なペースだと、グローバル資本市場部門共同責任者のマーク・フェドーシク氏が述べた。レバレッジドローンのアレンジで上位に返り咲くことなどを目指している。金融危機後の規制の巻き戻し見通しと低金利の中で高リスクローンの組成は増えている。

A Booming Market

  フェドーシク氏はインタビューで「来年は米国のレバレッジドファイナンスが活況を呈するだろう。その機会を生かすつもりだ」と語った。「今後もこの分野に投資を続け、上位5位以内の地位を取り戻す」と述べた。

  米国のレバレッジドローン関連業務でドイツ銀は今年9位。金融危機前は5位までに入っていた。クライアンCEOはリスク圧縮、コスト削減を進めてきたが、3四半期連続の減収で厳しい圧力にさらされ、従業員に再びリスクテークを奨励している。

Slipping Market Share

米レバレッジド・ローンにおけるドイツ銀行の順位は2012年以降で最低

原題:Deutsche Bank Doubles Down on Leveraged Loans in Push for Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE