コンテンツにスキップする

独BMW:通期税引き前利益見通しを上方修正-7~9月決算は減益

  • 7-9月EBITは23億ユーロ-アナリスト予想平均を下回る
  • 通期税前利益、今は「強固な」伸びを予想-従来「多少」増加見通し

ドイツの自動車メーカー、BMW は2017年通期の税引き前利益予想を引き上げた。同社の高級スポーツタイプ多目的車(SUV)とセダンの販売は過去最高水準に達している。

  BMWの7日発表によると、通期の税前利益は従来は「多少の」増加を見込んでいたが、今では「強固な」伸びを予想。16年の税前利益は96億7000万ユーロ(約1兆2800億円)だった。通期販売の微増見通しに変更はないという。

  7-9月(第3四半期)の税前利益は24億2000万ユーロと、前年同期の25億8000万ユーロから減少。利払い・税引き前利益(EBIT)は23億ユーロと、アナリスト予想平均の23億7000万ユーロを下回った。  

原題:BMW Strengthens 2017 Earnings Forecast on Record Car Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE