コンテンツにスキップする

中国テンセント電子書籍部門、グレー市場で株価上昇-8日に香港上場

  • 76香港ドルとIPO価格55香港ドルを38%上回る水準-レスケ氏
  • 閲文のビジネスモデルは米アマゾンの「キンドルストア」に類似

中国のテンセント・ホールディングス(騰訊)からスピンオフ(分離・独立)した電子書籍部門、閲文集団の株価がグレーマーケット(上場前の相対取引)で大きく上げている。同社の新規株式公開(IPO)価格は仮条件の上限で決まった。

China Literature Ltd.'s QQ Reading App As Company Seeks Up to $1.1 Billion in Hong Kong IPO

さまざまな書籍のタイトルがアプリに表示される

撮影:アンソニー・クワン/ブルームバーグ

  チャーチル・キャピタル(シンガポール)のセールストレーダー、トム・レスケ氏によれば、投資家は閲文株を1株当たり76香港ドルで購入。8日の香港上場でのIPO価格は55香港ドルで、これを38%上回る水準となっている。

  同氏は「グレーマーケットにおけるこの銘柄への需要は極めて強い」と述べた。

  閲文のビジネスモデルは米アマゾン・ドット・コムの「キンドルストア」に類似。目論見書によれば、6月末時点で著者640万人の960万作品を提供している。

原題:Tencent’s China Literature Climbs in Gray Market Before Debut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE