コンテンツにスキップする

中国の資産運用市場、2030年までに2000兆円近い規模に迫る公算

  • デロイトのコンサルティング部門ケーシー・クワークが試算
  • 16年に2.8兆億ドル規模の中国市場、19年にも英国抜く可能性
General Views Of Chongqing, China's Fastest Growing Region
Photographer: Qilai Shen
General Views Of Chongqing, China's Fastest Growing Region
Photographer: Qilai Shen

中国資産運用市場は2030年までに17兆ドル(約1940兆円)に急拡大する見込みだ。この成長ペースに匹敵する市場は他になく、中国国内の資産運用会社が恩恵にあずりそうだ。

  デロイト・トウシュ・トーマツのコンサルティング部門ケーシー・クワークが7日公表したリポートによれば、中国の資産運用会社が管理する資産は19年にも英国を上回る可能性がある。中国資産運用市場の拡大で最大の勝ち組は国内勢となり、海外金融機関が得るシェアは6%にすぎないという。

  リポートは「年30%を超える純増ペースで資産が流入してきた数兆ドル規模の大きな市場は中国のみだ」と指摘。16年時点で中国の資産運用市場規模は2兆8000億ドル相当で、米国の33兆4000億ドル、英国の3兆8000億ドルを下回っていたとしている。

China Taking Lion's Share

  ケーシー・クワークは、膨らむ個人資産と銀行預金の低利子が中国人投資家を一段と資産運用に向かわせると予想した。

Ballooning Market

原題:China Managers to Dominate as Funds Set to Swell to $17 Trillion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE