コンテンツにスキップする

トランプ米大統領:サウジ国王と皇太子に絶大の信頼-王子ら拘束でも

  • 「彼らは自分のしていることが分かっている」とツイート
  • トランプ大統領は国内改革を進めている若いリーダーの側に立った
1481026764_Saudi-GVi
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg
1481026764_Saudi-GVi
Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

トランプ米大統領はサウジアラビアで王子や閣僚、実業家らが汚職容疑で拘束された問題について、サルマン国王とムハンマド皇太子を支持する考えを表明した。

  訪日中のトランプ大統領は日本時間7日午前のツイートで、「私はサルマン国王と皇太子に絶大な信頼を置いている。彼らは自分のしていることがはっきりと分かっている」と表明した。

  サウジ国内メディアや政府高官によると、世界有数の大富豪、アルワリード王子を含む王子11人と現・元閣僚、著名財界人らが拘束された。サルマン国王の命令による拘束を受け、同国王がムハンマド皇太子への権力継承を阻み得る障害を取り除こうとしているとの観測が強まった。この発言によってトランプ大統領は明らかに、国内改革に迅速に動いている若いリーダーを支持する側に立った。

  トランプ大統領は数日前、サウジ国営石油会社サウジアラムコをニューヨーク証券取引所に上場させようと、個人的にサルマン国王と電話協議していた。

原題:Trump Backs Saudi Crackdown After Arrests of Princes, Executives(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE