コンテンツにスキップする

米不動産指数が13年以来の低下-ショッピングモール評価額落ち込む

  • グリーン・ストリート・アドバイザーズの指数、10月は1%低下
  • 金融危機後の混乱時以来の大きな下げとなった

米国のオフィスビルや集合住宅、ホテル、ショッピングモールの価値を測る民間企業の指数が2013年以来の低下となった。

  不動産助言サービスの米グリーン・ストリート・アドバイザーズによれば、10月の同指数は1%低下。金融危機後の混乱時以来の大きな下げとなった。

  ショッピングモールの評価額が5.5%下げたことが、指数全体の低下につながった。ここ7年で指数全体が下げたのは13年7月の0.6%低下と今回の2回のみ。

The Struggle is Real

原題:Mall Malaise Drags Real Estate Index to First Drop Since 2013(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE