半導体メーカー、ブロードコムのホック・タン最高経営責任者(CEO)は、同業のクアルコムを1000億ドル(約11兆4100億円)で買収することを検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。ハイテク分野では過去最大規模となる買収を通じ、無線通信用半導体の市場を支配する巨大企業の構築を目指す。

  現金と株式による1株当たり約70ドルの買収案は、向こう数日以内に提示される公算が大きい。協議が公になっていないことを理由に同関係者が匿名を条件に語ったもので、提案が実現しない可能性も残っているという。  

  クアルコムを買収すれば、ブロードコムはインテル、サムスン電子に次ぐ世界3位の半導体メーカーとなり、毎年10億台超が販売されているスマートフォン向けの半導体では業界リーダーとなる。これまでのハイテク分野の買収では2015年のデルによる670億ドルでのEMC買収が最大。クアルコムは携帯端末を無線通信網と結ぶ半導体で支配的な地位にあり、ブロードコムは端末をWi-Fi(ワイファイ)ネットワークと結ぶ半導体技術を専門としている。

  インスティネットのアナリスト、ロミト・シャー氏はブルームバーグテレビジョンの番組で、「非常に理にかなう買収だ」と指摘。「ブロードコムは300億ドルの収入を確保し、これは極めて戦略的だ。両社ともスマートフォン分野で大きな存在感がある」と述べた。

  ブルームバーグ・ニュースが買収計画を報じたことを受け、3日のニューヨーク株式市場でクアルコムの株価は一時19%高となった。終値は13%高の61.81ドルで、これに基づく時価総額は910億ドル。ブロードコムの終値は5.5%高で、時価総額は約1120億ドルとなった。両社の担当者はいずれもコメントを控えた。

  トランプ米大統領とタンCEOは2日、ブロードコムが本社をシンガポールから米国に移すとホワイトハウスで発表していた。

原題:Broadcom Plans $100 Billion Qualcomm Deal to Build Chip Colossus(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE