コンテンツにスキップする

ゴールドマン、米オプション取引所でのマーケットメークから撤退へ

  • 自社顧客のためのマーケットメークは継続へ
  • 高いコスト、オプションの低ボラティリティが業務のハードルに

ゴールドマン・サックス・グループは米オプション取引所でのマーケットメーカー業務から撤退する。コスト高や取引量の低迷、低ボラティリティの中、同業務から身を退く金融機関が相次いでいる。

  最低限の時間で価格を提示するマーケットメーカーは、通常のトレーダーよりも大きな責務を負う。2日の発表によると、ゴールドマンは自社顧客のためのマーケットメークは続ける。

  シタデル・セキュリティーズやサスケハナ・インターナショナル・グループなど、自動取引を手がける会社が現在オプション市場を支配している。テクノロジーへの支出や、15の取引所に接続するコストの高さが、米国のオプション市場での業務を難しくしている。

原題:Goldman Sachs to Withdraw From Part of U.S. Options Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE