コンテンツにスキップする

住宅建設株が大幅安、税制法案が住宅ローン利子の控除適用を半減

  2日の米株式市場で住宅建設関連株が売りを浴びた。米下院共和党が同日提示した税制改革法案で、既存の住宅ローンについては利子の控除が現状維持される一方、今後購入する住宅については控除が適用されるローンの上限が50万ドル(約5700万円)に下がった。

  米東部時間2日午前の取引で、SPDR・S&PホームビルダーズETFとS&Pスーパーコンポジット住宅建設株指数はいずれも下落。高級住宅建設のトール・ブラザーズは7.3%安、住宅用品小売りのホーム・デポは2.9%安となる場面があった。
原題:Homebuilders Drop as New Buyers See U.S. Tax Break Cut in Half(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE