コンテンツにスキップする

クレディS:7-9月利益予想以上、運用資産は過去最高-株価上昇

更新日時
  • 運用資産は7510億フランに増加、過去最高
  • ウェルスマネジメント事業の堅調持続を見込む

クレディ・スイス・グループの7-9月(第3四半期)決算は、純利益が市場予想を上回った。トレーディング低迷から逃れられなかったが、ウェルスマネジメント事業重視が奏功した。同事業の運用資産は過去最高に達した。

  2日の発表によると、純利益は2億4400万スイス・フラン(約280億円)と、ブルームバーグがまとめたアナリスト7人の予想(2億フラン)を上回った。収入は予想に一致。ウェルスマネジメント部門には104億フランが流入し運用資産は7510億フランとなった。

  決算発表を受け、同行の株価は一時2.8%上げた。

  クレディ・スイスは発表資料で「世界の経済成長は全体として第4四半期(10-12月)も引き続き強いと予想しており、これは地政学的不透明にもかかわらず、当行の事業への強い追い風となり得る」とコメント。「ウェルスマネジメント事業は季節要因から資金流入は減るとしても、堅調が持続すると見込んでいる」と付け加えた。

  トレーディングなどを手掛けるグローバル・マーケッツ部門の税引き前利益は7100万フランと同行がまとめた予想(9900万フラン)を下回った。同部門全体の収入は前年同期比7%減の12億6000万フラン。

  普通株式等ティア1(CET1)比率は13.2%と、同行集計のアナリスト予想に一致した。

原題:Credit Suisse Assets Surge to Record in Wealth Management Pivot(抜粋)
Thiam Wealth Management Pivot Pays Off as Slump Hurts Trading

(株価とグローバル・マーケッツ部門の収入を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE