コンテンツにスキップする

フランクフルトのオフィスに記録的需要-ロンドン・バンカーの受け皿

英国の欧州連合(EU)離脱に伴いロンドンから大陸に移る金融業界企業の業務の受け皿として人気の高いドイツのフランクフルトでは、優良オフィスの賃借料と需要が記録的水準となっている。ロビー団体のフランクフルト・マイン・ファイナンスが1日、電子メールで発表した。

  同団体は最大1万人の雇用が英国からフランクフルトに移る可能性があると見積もっている。広さが1万平方メートルを超える大型オフィスの契約が見られるようになっているという。

  フランクフルトへの人の流れの制限となるのは住宅だろうというサビルズ・インベストメント・マネジメントのアンドレアス・トランプ氏の発言も同団体は引用している。

原題:Frankfurt Office Demand Reaches Record Ahead of Brexit Windfall(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE