コンテンツにスキップする

ベルギーに出国のプチデモン氏らに裁判所が出頭命令-元閣僚らは帰国

  • マドリードの裁判所は11月2日と3日に出頭を命じた
  • 元閣僚らは31日遅くにバルセロナに戻るも、プチデモン氏は同行せず

スペイン・カタルーニャ自治州首相を解任された後、ベルギー・ブリュッセルに出国したプチデモン氏に対し、マドリードの裁判所は10月31日、扇動の容疑で出頭を命じた。プチデモン氏は禁錮30年の刑に服するか亡命中の指導者としての人生を送るかの選択を迫られている。

  プチデモン氏はスペインの中央政府がカタルーニャ州の独立宣言に対応して同州を掌握した後、ブリュッセルに移動していた。共にベルギーに出国し、マドリードの裁判所から出頭を命じられた元閣僚らは31日遅くにバルセロナの空港に戻ったが、プチデモン氏は同行しなかった。

  これに先立ち同氏はブリュッセルで開いた記者会見で、公正な裁判の「保証」がなければスペインに帰国しない考えを示し、自身を「亡命中の指導者」だと述べた。

  プチデモン氏と元閣僚らは、11月2日と3日に分かれてマドリードの裁判所に出頭を命じられた。同裁判所は扇動、反乱、公金流用の疑いについて調査しており、有罪となった場合は最長30年の禁錮刑が言い渡される可能性がある。

  
原題:Ousted Catalan Leader Summoned to Court From Brussels Exile(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE