コンテンツにスキップする

米シスコ、動画配信ソフトウエア事業NDSの売却先を模索-関係者

  • シスコはNDSを2012年に約50億ドルで取得
  • NDSは販売不振が続くサービスプロバイダー動画部門の一角

シスコシステムズは動画配信ソフトウエア事業の売却先を探していると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。急速に変化しつつあるネットワーク・インフラ事業に焦点を絞り込む取り組みの一環だという。

  手続きが非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、シスコはNDSグループへの提案を募っている。シスコの関係者はコメントを控えた。

  シスコはNDSを2012年に約50億ドル(現在の為替レートで約5700億円)で取得した。NDSは双方向型コンテンツをテレビのセットトップボックスやデジタルビデオレコーダー、携帯端末に送るために使われる製品を手掛けており、シスコのサービスプロバイダー動画部門の一角。同部門では14年以降、減収が続いている。

原題:Cisco Is Said to Seek Buyer for Digital-TV Software Unit NDS(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE