コンテンツにスキップする

米国は事実「歪曲」、市場経済国巡り中国が非難-トランプ氏訪中前に

  • 米国が中国を市場経済国と認定しなかったことに中国商務省が反論
  • 中国が収めた多大な成果を米国は無視、中国企業の利益守ると主張
1508295572_china congress 12
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
1508295572_china congress 12
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

米国が中国を市場経済国と認定するのを拒否したことは事実の「重大な歪曲(わいきょく)」だ。トランプ米大統領の訪中を数日後に控えて中国はこう反発し、両大国の緊張が高まっている。

  中国商務省は10月31日にウェブサイトに掲載した声明で、米国の決定は「市場経済を構築する上で中国が収めた非常に多くの成果を無視した」と批判。中国企業の利益を損なうものであり、正すべきだと主張し、「政府は中国企業の合法的権益を守るために必要な措置を取る」との立場を示した。

  米商務省は前日の30日、中国の市場経済状況に関する審査結果を公表し、国家が市場で広範な役割を果たし、民間部門に関与していることで中国経済には「根本的なゆがみ」が生じていると指摘した。

  世界貿易機関(WTO)ルールの下、米国が中国を非市場経済国と見なした場合、公正な市場価格を下回る価格で米国で販売されていると判断した中国製品に対し、より高率の関税を課すことができる。

原題:China Scolds U.S. Over Economy ’Distortion’ as Trump Trip Nears(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE