コンテンツにスキップする

アインホーン氏のグリーンライト、10月の運用成績「実質ゼロ」見込む

  • 「実質的にゼロと異なる結果を予想していない」とアインホーン氏
  • 9月の力強いリターンで1-9月の旗艦ファンド成績はプラス3.5%
アインホーン氏

アインホーン氏

Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg
アインホーン氏
Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg

資産家のデービッド・アインホーン氏は、自らが率いるヘッジファンド運営会社グリーンライト・キャピタルの10月の運用成績について、厳しい状況に先週見舞われたことでリターンがほぼゼロになる可能性が高いと語った。

  アインホーン氏は10月31日の電話会議で、同月は「比較的力強いスタートを切ったが、過去数営業日は非常に厳しかった」と説明。「実質的にゼロと異なる結果は予想していない」と発言した。

  ブルームバーグが内容を閲覧した顧客宛ての電子メールによれば、9月に力強いプラスのリターンが得られた結果、今年1-9月のグリーンライトの旗艦ファンドの運用成績はプラス3.5%となり、リターンがマイナスの状況から脱した。

  アインホーン氏は「バリュー投資が逆風に直面した過去数年は厳しかったが、これは周期的な現象にすぎないと考えており、われわれの戦略を変える予定はない」と述べ、バリュー投資へのコミットメントを再確認した。
 
原題:Einhorn Expects Flat October Results After Challenging Few Days(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE