ソニーの犬型ロボット「アイボ」が復活、AI搭載し来年発売

更新日時
  • 今夜から予約開始、来年1月11日に限定販売へ-価格は19万8000円
  • 収益回復鮮明になる中で復活、今期の営業益予想は過去最高に増額

ソニーは1日、犬型ロボット「aibo(アイボ)」を発売すると発表した。初代「AIBO」の生産が打ち切られた2006年以来、平井一夫社長の下で約12年ぶりに復活する。価格は19万8000円(税抜き)で、AI(人工知能)を搭載したペットとして一般家庭向けに広く販売を目指す。

  発表会場では平井氏が「おいでアイボ!」と呼ぶと、壇上の陰からアイボが現れ同氏に抱き上げられた。1日午後11時1分から予約を開始。来年1月11日からネット直販サイト「ソニーストア」で限定販売する。川西泉執行役員は「社内にはロボットを作りたいエンジニアが潜在的にいた。この日を迎えられうれしい」と語った。

「aibo」を発表する平井社長

Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

  幅180ミリメートル、高さ293ミリメートル、奥行き305ミリメートルで重さは2.2キログラム。インターネットと接続してAIも活用し「飼い主」に賢く育てられるよう設計した。距離画像センサーなど複数のセンサーを駆使、感情をより豊かに表現するため眼球には2枚の有機EL(OLED)を採用した。約3時間の充電で約2時間稼働する。
 
  初代アイボは1999年に発売。国内外で累計約15万体を売ったが、当時のハワード・ストリンガー社長が進めた構造改革の中で06年に生産を終了した。その後12年に就任した平井氏が事業全体の収益性改善を図る一方、ソニーらしさを体現できるとして16年にロボット事業を復活した。

ソニーの「aibo」が12年ぶりに復活

Photographer: Keith Bedford/Bloomberg

  ソニーは31日、センサーなどの半導体やテレビを含む家庭用映像・音響機器分野の増益見込みから(今期)2018年3月期の業績予想を上方修正。営業利益は20年ぶりの最高となる6300億円と予想している。1日のソニーの株価前日比11%高の4918円と08年6月以来の高値で取引を終了した。

  日本企業が開発・販売するロボットでは、ホンダのヒト型ロボット「ASIMO(アシモ)」やソフトバンクグループの「Pepper(ペッパー)」などがある。いずれも初代アイボより後に発売された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE