ビットコイン先物、米CMEが年内に上場へ-CBOEの計画意識か

Photographer: Chris Ratcliffe
Photographer: Chris Ratcliffe

最大規模の仮想通貨であるビットコインの魅力は、証券取引所を運営する米CMEグループにも無視できなかったようだ。

  CMEは31日、年末までにビットコイン先物を上場する計画だと発表した。CMEは1カ月前に同様の計画を却下したばかり。年初から価値がすでに6倍以上に膨らんでいるビットコインは、CMEの発表を受けて過去最高値を更新した。

  CMEの方針変更には、シカゴ・オプション取引所(CBOE)を運営するCBOEグローバル・ホールディングスの影響が大きかったもようだ。これに先立ちCBOEは今年、年内または2018年初めのビットコイン先物上場を目指すと発表し、米商品先物取引委員会(CFTC)の承認待ちとなっていた。

  設備が整ったデリバティブ(金融派生商品)市場に上場すれば、プロのトレーダーや機関投資家はマネーロンダリング(資金洗浄)や顧客確認(KYC)ルール違反のリスクがある不慣れな場での取引に関与することなく、ビットコインに内在する目覚ましいボラティリティーを活用することが可能になるかもしれない。

原題:Bitcoin Allure Too Much for CME, Which Now Eyes Futures Contract(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE